皆さんこんにちは。

年明け、仕事が落ち着いたと思ったら記録的な大雪。

大変でしたー。

大変!大変!!と言いながら、

やっぱり雪が降るとテンションが上がってしまうフジタスタッフです。

雪国に住む者の血でしょうか??(笑)

雪かきで疲れてもやっぱり作ってしまう雪だるま。

 

さて、今回は昨年実施したカイゼンの中で、

個人的にこれは絶対にやった方がいいと思う、

超絶おススメなカイゼンについてご紹介します。

なぜおススメなのかというと、

これはもう、やったらすぐに費用対効果がでるから(笑)

 

実際カイゼンをやってみると、

きれいになった!便利になった!探す時間が短くなった!

と、感覚的な効果の実感はあっても、

「いくら」「どのくらい」という費用面の効果は

なかなか数字として出しにくかったり、

効果が出るまで時間がかかったりしますが、

このカイゼンは結果に直結!

誰がやっても同じように費用削減ができる!

そういう面で、まず手始めに取り組んでみるといいと思います。

 

前置きが長くなりましたが、何をしたかと一言でいうと、

「徹底的な電子化、オンライン化」です

※「電子化」と「オンライン化」という言葉について、

本来なら違いがあると思うのですが、

このブログではどちらも同じような意味合いで使います。

 

オンライン化というと、会議やセミナー、採用活動などに

目が行きがちですが、実は行政サービスについても

オンライン化が進んでいるんです!

 

まずは保険関係。

健康保険、雇用保険、労災保険関係手続について、

できるものは電子申請に全て切り替えました。

 

これにより

・郵送物が減り、切手代削減

・書類に記入したり、郵送準備の時間削減

・ハローワークへの往復移動時間ゼロ

・ペーパレス

以上を実現しています。

全ての申請がWEBでできるわけではないので、

郵送代がゼロにはなりませんが、

ゆくゆくはなるのかなと期待しています。

 

そして、「ハローワークへの移動時間ゼロ」、これは大きいです!

特に当社はハローワークから遠いところにあるので、

15分ほどで終わる手続きをしに、

往復の移動時間1時間が削減できたことには本当に助かっています!

 

そして、ペーパレスに至っては半分以上減りました!

保管管理や期限が過ぎた書類のシュレッター作業も

意外と時間がかかり、バカにはできません。

また、当社のように小さい工場だと保管場所を確保するのも一苦労…

ペーパレス効果は本当にうれしいです!

 

▼詳しくはこちら(厚生労働省 電子申請申請手続き案内ページ)

https://www.mhlw.go.jp/shinsei_boshu/denshishinesei/index.html

 

 

次に登記簿等証明書の交付申請もオンライン申請に切り替えました。

融資や補助金の申請などで必要になる登記簿。

これまでは法務局に取りに行っていましたが、

窓口が混んでいたり、窓口の受付時間が17:15までだったりと

移動時間以外のストレスもありました。

 

これもオンラインで交付請求することで移動時間、待ち時間がゼロ!

更にオンラインは8:30~21:00と受付時間が長いのもうれしい!

更に更に手数料も窓口で請求するよりもお安いと、利点ばかりなんです。

 

証明書等書類が届くのが申請してから1~2日後なので、

「どうしても今日必要!」

という場合以外はぜひオンラインで交付請求されてはいかがでしょう?

 

▼詳しくはこちら(法務局 オンライン申請のご案内ページ)

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/category_00003.html

 

 

最後に手形から電子債権へ切り替えました。

・・・が長くなったので今日はここまで。

残りは次回のブログに書きたいと思います。

 

オンライン申請については、いいと分かっていても

パソコンやネットに詳しくない

という理由で踏み切れない場合も少なくないと思います。

これは大変もったいないこと。

ご要望いただければ当社での導入までのあれこれについて

ご紹介させていただきます。

ぜひ工場見学へお越しください!

お待ちしております。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

当社では工場見学のお申込みを随時受け付けております。

ご希望の方はこちらよりお申込みください。

https://www.fujita-k.co.jp/tour/