皆さんこんにちは。

今年はのんびりと春を感じている農オタスタッフです。

先日「種の交換会」に行ってきました。

「交換会」だったので私も少しですが

昨年自分で育てた野菜から採った種を持参しました。

私が持参したのは

・ オクラ(確か八丈オクラ)

・ ささげ(華厳の滝)

・ タイガーメロン

この3種。

どれも種採りしやすくて美味しいものばかりです。

代わりに緑ナス、白ナス、小豆の種をいただいてきました。

どんな実がなるのかな。今から楽しみです。

 

 

さて、昨年の年末からどうもタイムカードの調子がおかしい…

(当社の打刻機 約20年は使っているのでは?という代物!)

 

当社はいまだに(?)タイムカードで勤怠を記録しています。

製造業ではまだまだタイムカードを使う会社が大多数とのことですが、

中途採用(この会社が4社目にして製造業界は初めて!)で

入社した私にとってタイムカードを使って勤怠を記録するのは

実は社会人になって初めての事でした!

 

更に言えば、タイムカードを使うのは学生時代に勤めていた

アルバイト以来だったため約10年ぶり。

出勤初日にタイムカードでの打刻するよう言われたときは

驚いたことを覚えています(笑)

 

それから約8年。

当社の勤怠管理にもデジタル化の波がやってきました。

導入したのはキングオブタイムというシステムです。

 

導入前に社内カレンダー(休みの日)などもろもろの設定と

社員カードを準備しました。

 

社員一人に1枚カードを渡し、社員は出勤、退勤時に

カードリーダーにカードをピッと当てるだけで

その時間を記録してくれます。

(↑カードリーダーの置き場がない! テープで仮留め 笑)

 

自分の勤怠状況の確認は専用サイトでできます。

そして打刻申請、残業申請、有給申請もネット上でできるので

遠方の展示会の参加やセミナーへの直行直帰の時、

そして先日急遽対応した在宅ワークの時も

スマホから打刻申請ができます。

これで申請用の紙書類の削減が期待できます。

 

まだまだ試用期間中でタイムカードと併用しています。

使ってみるといろいろこれまでと勝手が違った部分や

思ったようにいかない部分があり、

そのたびに調整しながら

システムへの1本化のタイミングを見計らっています。

 

システムは使ってみないと分からない部分があるのと、

それを使うヒトもシステムになれる必要があるので

やはり数か月のテスト期間は必要ですね。

 

これから多様化する働き方を考えると

いいタイミングで導入できたのではないかなと思っています。

 

 

皆さんは勤怠管理どうされていますか?

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

当社のご案内はこちらからダウンロードできます。

https://forms.gle/e5xe8w4vrhW4qZtn8

フジタYoutubeチャンネル公開中!

スタッフが普段の業務の合間に撮りためています!

今後も随時アップ予定!チャンネル登録をお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UC0YIUCWvWtGTfgqd4lnnDRg

カワルンゼ お申込み受付中

当社では工場見学のお申込みを随時受け付けております。

 

自分たちの職場は自分たちでよくする!

そんな想いで続けてきたカイゼン活動。

振り返ってみると職場環境だけでなく、

考え方も行動もチーム力もだいぶ変わっていました。

 

そんなフジタの軌跡を体験するプログラムを新設いたしました。

ご希望の方はこちらよりお申込みください。

https://www.fujita-k.co.jp/tour/